ユニフォームレンタル・販売

料金比較

ユニフォームレンタルはだんぜんお得!!
クリーニング代金程度の費用でレンタルOK!!

クリーニングやアフターメンテナンスも含めた料金です。
レンタル料金の計算方法は週間料金と月間料金が基本です。
クリーニング代金程度でレンタルできますから、だんぜんお得です。
■従来のユニフォームの洗濯と費用
ユニフォームの洗濯をクリーニング業者に出したり、自社で洗濯するとコストやロスがかかります。例えば、従事者が100人の場合、週一回、上着とズボンを一着ずつ洗濯すると、年間に約300万円程度のクリーニング費用がかかります。
クリーニングに出す頻度は各自の判断で、女性の場合はこまめに出すため経費の増加につながり、男性は交換頻度が低いため非衛生になります。
ユニフォームを従事者が自宅に持ち帰って洗濯を行っている場合、衛生管理と異物混入の問題があります。家庭の洗濯物と一緒になり、下着や靴下などと、極端な場合、赤ちゃんのオムツも一緒になってしまいます。いくらユニフォームから糸くずが出ない物を使っていても、家庭内意で使っている衣類はそうではありません。細かいほこり、糸くず、髪の毛など、異物混入の元と一緒に洗濯することになり、交差汚染や洗剤残留の恐れがあり、外で干すため、ほこり、ゴミ、虫、枯れ葉や農薬埃などの付着の危険もあり、異物混入などの問題が起きる恐れがあります。
前従事者に新品を定期的に貸与したり、退職、新規雇用、移動などのために在庫過多になり、保管や管理のために管理者を置くなど、無駄、ロス、購入費と二重の経費がかかることになります。

■ユニフォーム「購入」と「レンタル」の料金比較

●コックのユニフォーム例
※ [白衣3枚+パンツ3枚+帽子3枚=1名分]×10名分、3年間使用とした場合


●購入の場合は、クリーニング代、補修、修理代は別途かかります。
●サイズ交換の際には新しい商品を購入するようになります。



●レンタルの場合は、クリーニング代、補修、修理代が込みの価格となります。
●サイズ交換も無料でいたします。
●レンタル料金は種類、人数、交換回数、貸与数など、契約内容により異なります。